ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイマスのグッズショップ出来ましたねー!早速闘球もプロデューサーセット、予約しちゃいましたー!
あのセットは良いですね。闘球のツボに来るグッズの集まりですよ。
特にストラップとTシャツが!
届くのが楽しみです!


そんなわけで今日の未明、闘球の部屋である会合が…。(そこまで大したものではないことは明白)

まぁ沓掛と二人で「女の子とデートとかするんだったらこんなシチュがいいよな」みたいなことを完全妄想モードで語ってた訳ですよ。もう100パーフィクション、完全にあり得ないということを前提で。

ぶっちゃけ闘球本人が常識という枠を取っ払って話すともの凄いことになりました。もう大概の方のツボにはまるような“解っている”女の子像に沓掛も撃沈。
コイツは十二時過ぎるとリミッター外れるというのはホントだにゃー。
体験したいという挑戦者、待ってます。(笑)

しかし散々人に語らせておいて沓掛は何も語らず。

「こんなこと人前で言えるかよ…」

の一点張りという非常につまらない状況。
それでも粘ってやっと言った台詞が…


「兄さんはキスだけで女が男のものになると思ってるんですか?」


うわー…。

無理だ。突っ込みようがねぇ。
しかしこれだけではホントにつまらないのでその後どうなるんだと問いつめる。

沓掛の回答。


「キスだけじゃ男が女のものにはならないんですよ」


言い忘れてましたが設定は義理の妹に言われてるらしい。ここまで来るとペドの他に“M”の称号もくれてやらねばなるまい…。
つーかこれでは話的にも面白くない!ということで最初の台詞に続く回答を闘球も考えてみる。

闘球の回答。


「そんなことしなくったって…私は…もう…」


多分こっちの方が面白いんじゃないかな?かな?
[それは夜明け前…]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。