ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものようにバイトしていると確実に新宿には全く縁のない男が登場。そう、ご存じ沓掛。

「ここで待ってりゃいいか?」

無理です。閉店時間になったら閉め出されるに決まってるだろが。ここは一応ちゃんとした会社なのですよー。

残業終わり下に降りていくとやっぱり新宿には合わないねこの男。
たまたま路上に止まってた黒のスープラを横目にゲーセンへ。やっぱりやることといったらこれしかないっしょ?

「湾岸合流ーー!!」

こっちはいつもの如くZ32。ヤツはエボⅧ。
前回「運転がラフ」だのどーのこーの言われ「やっぱりお前はまだまだ」的な発言されたので綺麗且つ本気で潰しにかかる。(実際はコイツ、闘球に対し連敗街道驀進中)

まずエボⅧ…撃墜。

続くはZ33…あっばよーー!!

そして最後はコイツの虎の子、GTO。

…はい、終了。

結果、3タテ。普通に3連勝。今回は綺麗に走ったので文句あるまい。
それでもまだ言い訳がましく何か宣ってやがるコイツ。ホントに救えねぇ。いい加減に認めやがれ。

近いうちにまたやりましょうね。某お二人。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。