ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイトから帰る前のロッカーでその声は響いた…。

「シャァイニングフィンガー!輝く光が地の果て照らし奇跡を呼ぶ…」

「スペェル!!」

思わず同時に叫びそうになりました。何故後ろからそんな声が聞こえるんだ!?闘球にどうしろと!?
凄い人は意外に近くにいるものです。


「貴女を…倒すのは…わたし…」

銀様の散り際の台詞はまるでジャンプ系のライバルキャラの様でした。
終わり方には敢えて何も言いません。とりあえず桜田君の

「それがお前のやり方か!」(by長州)

で終わらなくてよかった。ギリギリでしたが。(笑)
後で六巻を見直してみると漫画に出てきた方の薔薇水晶は、最後にチラッと出た方の薔薇水晶と同じ服でした。そうか、そういう罠なのか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。