ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は久々のバイトだったわけですが、いない間に今月で終わりってことが知れ渡ってました。
知らない間に送別会の話までってのもビックリですが。(笑)


そんなバイト中、ほぼ同時期からのバイトのK下さん(女性、同い年)との話。


K下「…(無言でカバーやりかけの本を見つめる)」

闘球「…わかったよー。やればいいんでしょー」

K下「あ、ホントー?ありがとー」


ちっ、策士め。
他にも色々と。何だかいない間に新人さんが入ったらしい。


K下「私達と同い年なんだよ、その子」

闘球「へー。どんな人?」

K下「うん、何か色々凄いー」

闘球「解答になってねぇじゃん…。まぁあれでしょ?とりあえずいじればいいんでしょ?(笑)」

K下「うーん、いいんじゃない?出来るなら」


…だからどんだけですか?日曜が楽しみだよ。


そんな流れの中


闘球「ねぇ、K下さん」

K下「ん?」

闘球「あのさ…今だからぶっちゃけるんだけど…」

K下「う、うん…」











闘球「(着てるシャツを指して)これ、実は私服」

K下「…!?」



はいはい。そんなもんです。(爆)
いや昨日はYシャツなかったんですよ。置いておいたはずなのに。仕方なく着て来たシャツが大丈夫そうだったんで流用したんです。

でもあの反応からして俺の勝ちなんだねっ!明らかに動揺してたしー。
辞める直前にこの一年で最大級のいじり炸裂!(笑)
自分でもなかなかの演技してたと思う!ホント。

実際後で聞いてみたら

「何言われるのかなってドキドキした」

そうです。


以上!さて最後の最後まで頑張りますか!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。