ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ウエイト場でバイク漕いでたときのこと。


「よぉ、闘球くん。どう?怪我の具合は?」

そう声をかけて来たのは夕方に行くとよく会う岸田さん(元ラガー。ガタイやばし)。


闘「はい。お陰様でだいぶ」

岸「そうか。まぁあんまり無理はするなよ?ところでさ、闘球くんってS高校だっけ?」

闘「はい。そうですよ」

岸「あ、やっぱりそうだったか。前にそう聞いたからさ」

闘「? どうかしたんですか?」


聞くところによるとさっきまでウチの高校のラグビー部と名乗る子が来ていたらしい。


岸「ポジション聞いたら『2セン(第2センター)です!』って言うんだけどさ、細いからビックリしたよ」

闘「ウチは基本的に小さいですからねぇ(そりゃ岸田さんに比べたらなぁ…)」

岸「でも久々に体育会系の空気を味わえたよ。話す時なんか背筋正して直立不動でさ(笑)」

闘「ウチはその辺はしっかりしてますからねぇ」

岸「でもさ…





初対面なのに「おじさんは~」って話かけられるのはどう思う?



いや、こっちも名乗ってないし悪気はないんだろうけどさ…」

闘「……すいません」



岸田さんは「まぁ高校生の子供がいたっておかしくない歳だしな」と笑ってましたが、何かとてつもなく申し訳なかったです。


その後も話しましたが結論としては




平成生まれだからしょうがない。




ジムでも感じますがやっぱり異星人チックですよ。平成生まれ。
スポンサーサイト
丸藤、GHC奪取おめでとう。(挨拶)


親王が生まれたとか果てしなくどうでもいいです。こっちの方がめでたいですよ。闘球です。
何たってうちの高校の先輩ですからね。
これを期に日本のプロレス界も階級のボーダーが無くなれば面白いと思います。


そんなわけで昨夜はまさかの事態で四苦八苦してました。
格闘技のチケットが余ってるんですが、誰も掴まらないと。


…もう如何に俺が嫌われてるかが浮き彫りになりましたね。


いいんです。いいんです。これで周りへの反骨心やら何やらを糧にまた一つ強くなれますから。
若人よ、覚えておきなさい。所詮人生『切り札は自分だけ』なのだよ。


因みに格闘技界では今日60億分の1が決まろうとしてます。たまアリで。

しっかーし

こいつが行くのはディファ有明だ!ZSTだ!
はいはい。俺という人間はそんなもんです。つかPRIDE行くなんて無理。後で誰かにビデオ借りよう。
闘球的にはジョシュの勝利に大期待。



さて、今日の闘球的メインはジェネシス出場の菅野さんです。
いつも一緒に練習させてもらってる人です。

でも先週会った時点でもう「眠れない…」とか「緊張してヤバい」とか言ってたんですよね。

でもなぁに、朝っぱらから天道はただのシスコンだって判明したりする日ですから大丈夫ですよ。
アップセットはこういう状況でこそ起こる!楽しみです。


因みにGAORA携帯サイトの所&勝村コラムにも名前出てましたよ。
それ見て「俺は何をやってるんだ…」と軽く鬱になったのは内緒。



つーわけで応援と自分への叱咤と世界への反骨心を胸にスクワット500回、久々に行きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。