ついに格闘技の道まで駆け始めてしまった『熱血サヴァン』こと闘球HANDSのブログ。 なんで青春なのかはアレです、闘球の心の中の秘密。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わったー。三日遅れで始めたけど相変わらずの速読でフィニッシュです。

ネタバレされたくない人はお引き返しあそばせ。携帯だと連続しちゃうから注意です。




































































うん。ハッピーエンドでした。

大体こんな感じです。心象的には。


今回決着つくのがお祭りの後ではなく、当日だったっていうのが結構意表を突かれましたね。今までのペースに慣れていたので。

でも個人的には皆殺しの方が展開は好きでした。今回は期間が短かったせいか前半の盛り上がりがあんまり…。

人によっては今まで一筋縄ではいかなかった部分が、皆によってあっさり解決されていくというのが爽快に感じると思うんですが、闘球は今回は違いましたねー。
今までは「どうしようもないじゃん…」って展開が長く続くことで心がドンドン話の内側に取り込まれていったって感じがあったので、今回は上手くいきすぎるのが逆効果だったかも…。



私的MVPは赤坂。

今までの「使えねー」っぷりは何処へやら。強すぎ。知恵留ともやり合えるんじゃないのか!?(笑)

強すぎて逆に安心感が芽生えちゃったって部分もあるんですけどね。

でも今回一番のピンチであろう園崎家強襲においての登場の仕方は最高だった!賞賛の嵐。歴代ベスト10に入る登場だったよ。
その後の戦闘もバッチリさ。「給料いくらだ?」はこれから流行るよ、俺の中で。

音楽もyou-destructivのあの燃えさせっぷりは何なんでしょうか。


裏MVPは葛西さん。あの声で凄まれたらもう…強い大人達イエー。




でもなー、悟史くんがなー。

闘球的祭囃し編の一番の燃えポイントはこういう展開だったのに…




──裏山での山狗との戦闘。


自分の庭であることへの慢心。その不注意で転ぶ沙都子。

迫る山狗!危険を顧みず沙都子の前へ飛び出す圭一!

「圭ちゃん!!」 「圭一くん!!」

「うおおおおおおお!!!!」

バットを振るい追手をなぎ倒す。

しかし…

「圭一さん、危ないっ!!!!」

ドガッ!

死角からの攻撃に倒れる圭一。頼みのバットもその拍子に手放してしまった。

「手間取らせやがって…」

止めを刺そうと銃を構える山狗。

(くそっ…ここまでか!?)

「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

弾丸が放たれる………その瞬間!

ガササッ

「何っ!?うおっ…」

ボグッ

…圭一が目を開けると、

銃を向けていた隊員は昏倒し、

その前には…



バットを持った一人の少年が立っていた。



「お、お前は…」

皆が放心してその光景を見ている。

そして

その沈黙を破ったのは涙混じりの沙都子の感声だった。








「にーにーっ!!」









こんな展開を期待してたんですよ。こりゃ燃える。燃えないわけがない。
種だったらミーティア流れてますよ。FateならEMIYAです。

でも結局目が覚めないですからねー…。詩音が幸せなだけです。目明し編に対する補完なんでしょうけど、結構残念。


おおよそこんなトコです。今度やった皆でまたお話したいですねー。
上の話への感想もどぞ。








追:今日の帝京VS知弁和歌山の9回表の走者一掃HR。この瞬間に親父と2人、






「嘘だ!!!」






と叫んだ。そんな無意識のネタが素晴らしい。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akumanoz.blog32.fc2.com/tb.php/281-33f4fb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。